タイミング法の具体的な手順

精子提供の方法として「自然授精(NI)」を優先する場合の提供方法がタイミング法です。女性の排卵日を予想して、排卵日のタイミングに合わせて男性提供者が自然な形で精子提供する(つまり、セックスによる精子提供)方法になります。

 

パートナーがいらっしゃる場合や、信頼関係や恋愛愛情のない中でセックス行為はなかなか抵抗がある場合が多いのも事実です。シリンジ提供に比べてコスト負担(お部屋代等)も大きいですが、自然な手順で精子提供を行える唯一の方法ですし少しでも妊娠確立を高めるために、双方同意(パートナー同意)のうえでタイミング法を選択する方も多数いらっしゃいます。

あくまでも前提は双方同意ですので、タイミング法を前提とした提供活動は要注意ですので、事前面談等でしっかりとお話をしたうえで信頼関係を気づける方とのみタイミング法をお選びください。また、タイミング法は事前の性病検査などはきちんと実施しましょう。

 

タイミング法での精子提供手順

 

1)まずは事前に面談をしてどのような提供方法を選択するか話し合ってください。また、シリンジ法・タイミング法を両方選択する場合もあり得ますので、それぞれのメリットをよく吟味しましょう。

2)タイミング法を選択する場合は、事前のメディカルチェック(性病検査等)を双方で受けてお互いに提示しまいましょう。その際に個人情報を伏せるなどの配慮は必ずおこなってください。

3)女性の体温計測などで排卵日を想定するか、病院で正確な排卵日を予測し妊娠しやすい日程を相談しましょう。

4)日程が調整出来たら待ち合わせをして提供行為をする場所へ移動します。もしくはホテル等の場所に先に女性が入室し男性をお呼びします。場所は、双方で相談いただければ結構ですが、ホテルなどを利用することが一般的です。

5)提供行為は通常の性行為になりますので、事前にNG行為や提供のタイミングなどは相談しておくとよいでしょう。女性によっては性行為が苦手な方や、苦手な行為もあると想定されますので、恥ずかしがらずに女性からは男性提供者にきちんと意思を伝えることがトラブルを未然に防ぎます。

6)男性側はきちんと女性の希望や不安を解消すべくコミュニケーションをきちんととりましょう。また、緊張も大きいことでしょうから最初はマッサージなどスキンシップを十分にとるなどの配慮も重要です。また、体質的に濡れにくい女性もいらっしゃいますし、挿入が苦手な方も多いので、その場合はローションなどの潤滑液を用意してスムーズな挿入や、射精直前に挿入するなどの方法もあり得ます。

 

タイミング法のコツは?

タイミング法のコツとされているのは次の2つです。

 

1.女性の緊張をとり除くためのリラックス方法

・事前に温かいシャワーに入ったり、ちょっとお酒を飲んだり温かい飲み物を飲んだりして緊張を和らげましょう。緊張すると体が冷えてしまうので、ベットでの行為は体温を温めることに配慮しましょう。

女性が同意できるようであればできるだけ女性とのスキンシップを事前にとることで、心理的な壁をなくすことに心がけましょう。最初はベットに一緒に横になって世間話をするくらいがちょうどよいでしょう。その際、徐々に手を握ってあげたり肩をマッサージするなども効果的です。

とにかく、コミュニケーションを十分にとって緊張をほぐすことに心がけましょう。

 

2.事前にどのような行為が許容できるか話し合いましょう

タイミング法といってもあくまでも性行為になるので、自分本位な行為ではなくスムーズな精子提供のためどのようにすればよいか双方が事前に認識をすり合わせることが重要です。

極端な話、キスはOKか?体を触ることはOKか?どこまで触ってよいか?オーラルはOKか?挿入に苦手なことはないか?体位に苦手なことはないか?行為の時間に制限はないか?嫌な行為はないか?などなどできるだけ詳しく話し合いましょう。

 

 

 

※妊娠率に違いはあるの?

正直、正確な統計は存在しませんし、確率的には性行為と同等だと考えられます。そのため、妊娠率が自然妊娠と比べて高くなるというわけではありません。

 

性病検査・HIV検査(エイズ)・感染症を郵送で手軽に検査